市原リウマチ研究所
プロフィール 各種講演の内容 医療従事の方、患者様用資料 リウマチ相談室 定期連載コラム 画像診断
  リウマチ相談室  
     
 
リウマチについて  
MTX(メトトレキサート)―リウマトレックスメトレート®について  
麻疹流行に対するQ&A  
関節注射に関するQ&A
エンブレル治療に関するQ&A  
関節リウマチにおけるメソトレキサートの適正使用について  
関節リウマチの肺病変についてのQ&A  
難病の申請と医療費控除について  
 
   
   
  ホームへ戻る  
リウマチ相談室  
  関節注射に関するQ&A
Q.姉崎病院では、関節注射が多いのですが、どのような注射をやっていますか。
Q.他院ではアルツというヒアルロン酸を使用していましたが、スベニールを使用するのはなぜですか。
Q.関節注射の際、剃毛(ていもう)するように言われたのはなぜですか。
Q.関節注射をした日は、「入浴できません」と言われますが、どうしてですか。
Q.関節注射の際に注意していることは何ですか。
Q.関節注射の際に、先生がむだな話をするのはなぜですか。
Q.関節注射が苦手です。失敗はしないと思いますが、注射は全て苦手です。何か良い方法はありますか。
Q.すごく汗をかくので、関節注射は大丈夫ですか。
Q.先生は足関節にもスベニールを注射していますが、他院の先生は足関節には打てないと言われました。どうしてですか。
 
 
姉崎病院では、関節注射が多いのですが、どのような注射をやっていますか。
当院における関節(腔内)注射は2種類です。1つは、ステロイド剤(ケナコルト)の注射です。ステロイド剤は、非常に炎症の強い時に行いますが、同一部位には、2〜3ヶ月に1回程度に抑えるようにします。もう1つは、高分子ヒアルロン酸(スベニール)の注射です。これは、週1回で5回を効果判定の目安に投与しています。
 
  このページのTOPへ  
 
他院ではアルツというヒアルロン酸を使用していましたが、スベニールを使用するのはなぜですか。
アルツもスベニールもヒアルロン酸製剤です。ヒアルロン酸はもともと関節内成分ですが、加齢や炎症によって低下してきます。その中でもスベニールは、高分子のヒアルロン酸といって、関節リウマチ (RA) の膝関節滑膜炎を抑制する効果を、科学的に証明した唯一の製剤です。当院では、ほとんどの患者さんがRAですので、スベニールの方を使用しています。
 
  このページのTOPへ  
 
関節注射の際、剃毛(ていもう)するように言われたのはなぜですか。
膝関節周囲に体毛があると、イソジン消毒が徹底されなく、菌が刺入される可能性があるからです。関節腔内は、非常に高い無菌状態になっていますから、一度菌が入ると極めて治りにくいのです。
 
  このページのTOPへ  
 
関節注射をした日は、「入浴できません」と言われますが、どうしてですか。
これも感染を防ぐためです。関節注射をした日は、針の刺入部がかさぶたのようになっており、入浴して触ってしまうとこのかさぶたがとれて、菌が入りやすくなるからです。
 
  このページのTOPへ  
 
関節注射の際に注意していることは何ですか。
関節リウマチでは、関節注射をしなくても膝や肘から菌が入って感染性関節炎をおこすことがあります。ですから、感染をいかに防ぐかということに尽きます。手技は慣れていますので心配ありません。私が必ず実行していることは、以下の3つです。

【1】 よくしぼったイソジン消毒を複数回丁寧に行う。そして、少し乾燥するまで待つ。(イソジンは、濡れたままでは、殺菌効果がなくなります)
【2】 必ず、滅菌手袋を着用する。
【3】 注射剤を混合しない。例えば、キシロカインとスベニールなどです。混合すれば、それだけ感染機会を増やすからです。
 
  このページのTOPへ  
 
関節注射の際に、先生がむだな話をするのはなぜですか。
関節注射は、針で刺すのですから、痛くないわけではありません。従ってむだな話をすることにより、気を注射部位から少しでも離し、かつリラックスしてもらう必要があります。医学的手技には「心の麻酔」という言葉があります。気が他にいって、安心していれば、同じ手技でもあまり痛くないという意味です。
 
  このページのTOPへ  
 
関節注射が苦手です。失敗はしないと思いますが、注射は全て苦手です。何か良い方法はありますか。
前述のように局所麻酔剤(キシロカイン)の混注は感染の機会の増加より、薦められません。関節注射前に局所をアイスノンのようなもので冷やします。そうすると、知覚が鈍くなっていてあまり痛くないのです。苦手な人は申し出て下さい。
 
  このページのTOPへ  
 
すごく汗をかくので、関節注射は大丈夫ですか。
発汗している場合は、穿刺部位をアルコール綿で軽く拭き取ります。その後にイソジン消毒をすれば問題なく注射ができます。
 
  このページのTOPへ  
 
先生は足関節にもスベニールを注射していますが、他院の先生は足関節には打てないと言われました。どうしてですか。
現在、スベニールの関節腔内投与は、肩関節と膝関節のみが認可されております。しかし、実際の診療では、足関節の炎症や痛みがあると歩行ができなくなり、日常生活にも支障をきたします。さらに、生物学的製剤などの治療でRAがかなりよくなった方でも、自分の荷重がかかるため、足関節炎(痛)はなかなか治りません。このような場合に、副作用のないスベニールの関節内投与は医学的には妥当な行為と考えています。
 
   
  このページのTOPへ  
All rights reservede (c) HIROSHI OKA
リンク サイトマップ